松原青年会議所について

Features

特徴

明るい豊かな社会の実現

松原青年会議所は、1970年9月20日に創設され、全盛期には100名前後のメンバーが在籍していました。しかしながら現在は、20名(2020年1月現在)程度のメンバー数となり、年齢層の割合では、36歳以上のメンバーが3割、35歳以下のメンバーは7割と比較的若い世代が多く、さらに女性会員も増えてきている青年会議所となっています。メンバー数は少ないですが、一致団結し、多くの事業を開催するなど、子ども達のため、まちのために、日夜汗をかいて、全力で活動しています。当青年会議所の特徴の一つとしては、行政、企業、各種団体、先輩諸兄の皆様との協働させていただき、運動が幅広く展開することができています。

Idea

理念

創設当初からの想いを忘れず、行政、各種団体、企業、市民の皆様に感謝し、このまちのために何ができるのか、検証を繰り返し、協働を大切にしながら、行動する前にあきらめない、覚悟と責任

Activity

主な活動

市民が笑顔になれる場所作り

  • 行政、地域団体関連事業への参画(ぐるっとまつばら健康ウォーク、まつばら市民マラソンなど)
  • まつばら市民まつりの企画、運営の協力
  • わんぱく相撲まつばら場所の開催
  • 親子キャンプなどの青少年事業の開催

Basic Policy

基本方針(2020年度)

  • 覚悟をもって、地域と共に創造し、オピニオンリーダーとしてのまちづくり
  • 日本の宝が未来に輝く青少年の育成
  • 同じ覚悟をもった人財発掘、未来を見据えた人材開発、リーダーの育成
  • 「この地域のために」を突き詰めた組織の運営と情報発信
  • 50周年の歩みと軌跡。未来を見据えた50周年
  • 「未来への覚悟と挑戦」を事業構築
  • 青年会議所の運動を応援する賛助会員の周知
  • ハンドシェイク運動